Mr.K 秘密の標本箱

拘束具をこよなく愛するMr.Kのブログ(準備中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Axsmar

2e1h6ring.jpg 3t1h4breit.jpg 2e2t4ring.jpg

Axsmar社は、ステンレススチールやチタン等高価な素材を使った、デザイン重視の枷を製造しています。アクセサリーとして着用したまま外出しても、違和感がありません。
また指輪サイズの精密な枷も作っており、技術力の高さが分かります。
ただし、接合部は、鍵ではなく、特殊ドライバーで外せるネジを使用しているため、拘束具としての魅力には少し欠ける所があります。両者を両立させるのは、なかなか難しいですね。
 
  1. 2006/10/08(日) 08:31:34|
  2. BONDAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cuff24

DSCN0067-G-1.jpg collar4.jpg

枷の肉厚で言えば、このメーカーでしょう。自重だけで、重石としての役目も十分果たせそうです。但し、長時間の拘束&放置には、重さゆえの皮膚への負担がかなり大きいので、ボンデージスーツ等を着用した上からの使用や、天井やその他のデバイスを使っての拘留等、加重が直接体へ加わらないようにするのが良いかと思われます。サイトは、http://cuff24.com./
 
  1. 2006/10/07(土) 08:13:33|
  2. BONDAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Steel Bondage

IMG_0787.jpg IMG_0797.jpg

IMG_0803.jpg img8023.jpg

http://www.steel-bondage.com/ は、ハンドメイドの鉄製各種枷を作っているメーカーです。重厚な素材を使って、要所要所もしっかり溶接してあります。かみ合わせの精度とか遊びの有無、鎖の材質と大きさ、どれを取っても良い仕事をしてます!
 
  1. 2006/10/05(木) 07:42:45|
  2. BONDAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAW2 -ソウ2-

前回、SAWを斬ってみたら、かなり賛同?のメールを頂いたので、2も勢いで見てみました。目的は、あくまで、拘束を追求するという事で。

(今回もネタバレ含みます)



 まず8人が監禁され、遅効性の毒ガスがゲーム開始と共に館内をめぐっていくという設定ですが、英語版だと、はっきりと、「Tokyo Subway Attack」と聞き取れます。
 はい、サリンはコリンエステラーゼ阻害剤なので、即効性です。2~3分以内に症状が出ます。いきなりゲーム設定で白けました。

 また、地下ではなく、地上の建物だし、エリックが到着した時の外観見るとバット等で壁を壊して外へ脱出することも可能な感じに見えるので、閉鎖性に欠けてます。監禁では、閉鎖性は重要なファクターなのです。

 それ以前に、誰が参加しても差し支えない個々のゲーム設定。真剣に仕掛けを解こうとするプレイヤーが全く居ない等、見ていて、飽きます。最初と最後の20分くらいだけでいいのではないでしょうか?

 冒頭に、頭に、鉄の針が付いた「鋼鉄の処女」のヘルメット版の装置を装着された男が出てきますが、工具の入っていた箱等で、上部が閉まらないすれば、回避できたのではないでしょうか?ほら、ハサミでも、先端の方だと硬いモノは、かなり力を入れても、切る事ができないように。物理学を知っている人間なら、ちょっと設定に無理があるなぁと感じます。
 それ以前に、被検体には女性を使って欲しかったです(切望)

 最後にブタの面をつけたアマンダが、エリックに注射を打ちますが、
あの一瞬で相手を気絶させてしまうような即効性の麻酔は、静脈注射しにしかありません。垂直に打ち込んでいるので、筋肉注射になってしまってます。動けなくなるまでに、数分はかかります。その間にアマンダはエリックに取り押さえられてしまうでしょう。

 とまあ、どんな映画にも矛盾点はあるわけで、だから、B級なんだと突っ込むつもりはありません。それより、今回は、8人も居たのに、美しい拘束があまり見られなかったのが残念です。唯一、これはいい!と思った罠(仕掛け)は、美人なお姉さんが、トラップに手を差し込んだら、抜けなくなってしまって、号泣するシーンでした。以下、詳細を。

saw21.jpg saw22.jpg
 解毒剤の注射器を発見して、喜びのあまり一目散に装置に手を入れてしまう女性。しかし、ケースに固定されていた注射器から薬品がこぼれ出てしまい、あわててもう片方の手も差し込んでしまいます。
 ここで感心したのは、手を差し込む所に、カッターの大型版のような刃が付いていて、下から差し込むと、上に跳ね上がり簡単に挿入できますが、引き抜こうとすると、斜めに角度がついているため、自らの力で、皮膚に返し刃が食い込む仕掛けになっている点です。
 手の差込口は、下部に手がやっと1本通るくらいの筒状のカバーが付けられていて、例え片方の手だけ差し込んで、もう片方の手で刃の部分を押し上げて脱出する方法を不可能にしてある点も、トラップとして完璧です。

saw23.jpg saw24.jpg saw25.jpg
 この仕掛けは、一度手を入れてしまえば、もう脱出できる手段はありません。泣きながら助けを呼ぶ姿が、とてもそそります。また、一度、マッチョが部屋に入ってきますが、首の後ろのナンバーを確認した後、静かに部屋を出て行き、見捨てられて絶望する姿もとても美しいものでした。
 でも、命に関わるのは、ちょっと×なので、現実では、刃ではなくギザギザの返し刃にして、純粋な拘束を楽しみたいものですね。
 
  1. 2006/04/30(日) 16:31:11|
  2. メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Self Bondage(セルフボンデージ)

 セルフボンデージとは、自分で自分を拘束し、自ら自由を奪う事によって得られる世界を楽しむという、至高の遊戯の一つです。
 これについては、かなりハマった事がありますので、また別の機会に詳細をレポートするとして、今回は、Devonshire Productionから、セルフボンデージのシーンを抜粋してみました。

self01.jpg
自分でボールGAGを銜え、頭部に繋がるハーネスに南京錠をかけています。自分で自分の身体を道具を使って拘束するという点が重要なポイントです。

self02.jpg
 体を戒める拘束具の接合部に次々と南京錠を掛けている所です。セルフボンデージには、縄を使って縛っていく方法もありますが、手軽にできて、一度施錠すると、外れない鍵式の方が、メジャーです。このサイトでは、鍵は氷で凍らせておいて、手の届かない天井からぶら下げてあり、氷が溶けると手の届く範囲(床等)に落ちてきて、拘束を解く事が出来る仕掛けをよく使っています。その氷が溶けるまでの時間を、楽しむわけです。


self03.jpg
 スチール製の貞操帯に自分で南京錠を掛けている所です。よくSMショップとかで売っている、簡単に外せる皮製とちがって、素材が素材だけに、鍵がないと自分でもどうすることができなくなる状況がいいですね。この鍵の入手をどうするかのバリエーションで、色々と楽しむことができます。
 例えば、あらかじめ貞操帯の鍵を駅のロッカーに入れておき、家でバイブを入れたり、浣腸&アナル栓をした後、貞操帯を装着して、駅までの道のりで被虐プレイを楽しむとか。
 
  1. 2006/02/02(木) 12:39:42|
  2. BONDAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Witch Hunter ROBIN(ウイッチハンターロビン)

 Witch Hunter ROBIN(ウイッチハンターロビン)は、魔女狩りをモチーフにした、魔女(ウィッチ)と人間との戦いを描いたアニメです。
 現代のようで、でもちょっと違った独特の世界観は高く評価されていると思います。海外でも放映さて、ファンサイトも多数存在し、未だに根強いファンは多いみたいです。
 魔女狩りがテーマなのですから、拷問シーンや、拘束具が出まくり!?と思いきや、殆どありません。
 唯一出てきた拘束具は、下のシーンだけなのが、ちょっと残念でした。
 しかし、本当に面白いアニメなので、是非見てみて下さいね!

 
捕らえられたウィッチが、手と顔に特殊な拘束具を装着されて、護送車に乗せられるシーン。独特の形状のカギで施錠されるシーンは、本当に一瞬なので、よく見てないと分かりません。この鋼鉄の全頭マスクと手を固定カバーしてある枷は、自重だけでも、かなりの束縛になると思います。STNJは、良い仕事してますね。
 
  1. 2006/01/15(日) 11:37:38|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムライガン

「サムライガン」は、週刊ヤングジャンプに連載された熊谷カズヒロの時代劇風漫画作品です。その後、アニメ化され、なんとなく盛り上がりを見せましたが、アニメ最終回は、希に見る尻切れトンボな終わり方。
 また、原作にあったエロシーンがアニメでは殆ど登場しませんでした。
 しかし、幕末にありえない設定の武器とか、時代を先取りする随所に見られるボンデージアイテム等、楽しめる作品でした。
 サムライセブンとか、サムライチャンプルーとかと良く比べられますが、まったく別の次元の話だと思って見てください。

srg01.jpg srg02.jpg srg03.jpg
「実験鉄道」という話の中で、拷問を受けるシーン。いきなり頬が紅潮してるシーンから始まります。いったい、どこにどういったモノを挿入されているのか、ドキドキしますね。ラバー調のギャグや、拷問の為にわざわざ着せてあるビザールファッションも、幕末というより、近未来といった感じです。作者のセンスの良さが分かります。

srg04.jpg srg05.jpg
こちらも、ラバーのボールギャグを噛まされて、手枷は、一体型の鋼鉄製。う~ん、時代を先取りしてる設定です。

srg06.jpg srg07.jpg srg08.jpg
全身拘束衣でキツク拘束され、石壁に磔にされている女の子。上からポニーテイル、ショート、そしてロングと、趣味の設定ですね。編込んだロングブーツとか、手の指をすっぽり覆うフード錠の手枷とか。。。原作は、もっとエロいです!
 
  1. 2006/01/09(月) 10:59:14|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Mr.K

Author:Mr.K
愛車のMARKII、TOURER-V改のTOURER-Kです。
デチューンかよ!?
 
misterk69@gmail.com
↑メールはこちらまで^^

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。