Mr.K 秘密の標本箱

拘束具をこよなく愛するMr.Kのブログ(準備中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画に出てくる猿轡

猿轡で自分が一番好きなのは、ボールギャグです。次がハーネスギャグになります。
日本では、よく手ぬぐい一枚を細くねじってギャグにしてるシーンが お馴染みですが、それでは猿轡の意味があまりありません。
布を口の中に押し込み、舌が動かないようにしてから布を被せるようにしなくては喋り放題です。
ワビサビはあって良いのですが、緊縛と同じでかなり手間がかかります。
その点、ボールギャグやハーネスギャグだと、ワンタッチで手軽に本格的な猿轡ができます。
日本製のボールギャグは、ゴルフの練習ボールを使った穴の開いたモノが多いのですが、声が漏れてしまって実用性には欠けます。
ただ、アジア系の民族は、西洋人に比べて鼻腔が狭く、泣いたりすると鼻腔が閉塞して呼吸困難になる恐れがあるので、仕方ないのかもしれません。

hos2.jpg  jgzg01.jpg

左は「HOSTEL2」(ホステル2)という、タランティーノが制作総指揮している映画の1シーン。
女性が椅子に拘束され、黒っぽいボールギャグを銜えさせられている所です。

右は、「JIGSAW タワー・オブ・デス」という映画より。
JIGSAWは、ネームやパッケージを見ても分かるとおり、SAWのパクリです。
内容は・・・ノーコメントにしておきましょう。
でも、シリーズ3作目まで作られているので、そこそこ売り上げはあるのでしょうか?
こちらはあまり見かけない銀色に輝くボールギャグ?らしきものを銜えさせられています。

映画における猿轡のシーンは、女優さんの迫真の演技もあって、かなり興奮しますね。
巷のSM系のAVで、折角ボールギャグを銜えさせられているのに、あえぎ声ひとつ立てないマグロ状態が多い日本の女優陣ももっと頑張って欲しいものです。
 
スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 13:50:44|
  2. BONDAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Mr.K

Author:Mr.K
愛車のMARKII、TOURER-V改のTOURER-Kです。
デチューンかよ!?
 
misterk69@gmail.com
↑メールはこちらまで^^

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。